脊椎側湾症と胃炎。

当院にいらして頂いている「脊柱側湾症」のお客様。
何名かいらっしゃいますが、共通している点があります。

それは「胃」。

もたれやすい、痛みが出る、不快感があるなど、胃に症状が出ています。

脊椎側弯症(せきついそくわんしょう)は、脊椎(背骨)が側方に弯曲する病気です。

女性に多い病気で、肩やウェストの高さが左右で違うなどの外見上の問題のほかに、
臓器や神経の圧迫などがおこります。

先日、ご来院頂いたお客様も、左右の肩の高さの違い、骨盤の捻れなど
ひと目見ただけでも、歪んでるな。。と思えるほどでした。

お背中を見せていただいて、一番気になったのは「胃」です。

「胃もたれや、胃炎はありませんか?」
という質問に、「胃が弱いみたいで、痛みが出ます。。」とのこと。。

施術は「胃炎、胃潰瘍」の調整をいれました。

捻れが強く、膝に痛みが出ていたので、膝の調整、肩、股関節、骨盤。。
最後に頭骨を調整して終わりました。

立ち上がって頂くと・・・・・

「わぁ!!まっすぐ!!」と嬉しいお言葉!!

肩の高さに、骨盤の位置もぴったりあっていました。
もちろん、背骨がまっすぐになったわけではありません。

しかし、体の歪みをとり整えると変わってきます。

「こんなにまっすぐになると思いませんでした!!」
とご本人もびっくりしていらっしゃいました。

よかった、よかった。。

少し気になったのは「冷え」。

「胃」は冷えを溜めやすいのです。
もちろん、他の臓器にも冷えはいい影響は及ぼしません。

なるべく体を冷やさないこと。
そこに気をつけて、生活して頂くと歪みや不快な症状も出づらくなります。

これからの季節は、エアコンに冷たい飲み物に、アイス。。。
なるべく冷えを体の中に入れないように生活していくことが大切です。

喉の痛み、声が出づらい。。腎臓の疲れ

漢方では、喉と腎臓 は繋がっていると考えられています。
今回は、そんな喉と腎臓のお話です、、

先日いらしたお客様、腰の重だるさ、疲労感、喉の痛み。。。

お疲れが溜まり始めるとともに、喉が痛くなってくるそうです。
…腎臓!!!

カルテを見てみると、前回も腎臓の調整をしていました。

この方は、腎臓に疲れを溜めやすいタイプ。
腎臓の疲れがひどくなってくると、喉に違和感と痛みが出てくるそうです、、

そうでしょうとも、そうでしょうとも。
腎臓が疲れているって、体に書いてありますとも!!!

私たち均整師は、お客様の様々な情報や体を読み解き、お体を調整します。
どんな些細なことでも、お体を読み解くヒントになります。

過去にした怪我や病気、習慣など様々なことをお聞きします。
その中に、沢山のヒントが隠れているからです。

「疲れてくると喉に違和感を感じる、いつも喉を押さえている」
というのが気になりました。

腎臓の調整後、喉の調子はいかがですか???とお伺いすると、

「違和感が消えました!!!」って嬉しいお言葉。。。

喉に違和感がある。。なんて小さなサインでしょう。。
のど飴をなめて、まぁやり過ごす感じですよね?

本当は、体からの大切なサインです!!!

何がよくなるんだろう?とか、悪いとこなんて一つもないから・・・
そう思っていませんか??

小さな体のサインを、大切にして下さいね!!!
気がついてはいるものの、生活に支障がないのでそのままにしていませんか?

私たち均整師は、お客様の体の声を聞いて、丁寧に施術をしています。

お腹が張る、、、

ここのところ、多いなって思う「お腹の張り」、「ガスが溜まる」という症状。

女性だけでなく、男性にも多く見られます。

この症状の多くは、骨盤の内側(キワ)に付いている筋肉の緊張も関係してきます。
主に「大腰筋」という筋肉は、お腹の中を通って斜めに走り、背骨に付いています。

この筋肉の緊張から起こる症状としては、
「腰痛」「便秘」「お腹の張り」「ガスが溜まる」・・・etcです。

このような症状をうったえてご来院頂くお客様の多くは、
この大腰筋に緊張があり、触ると痛みや硬さが感じられます。
大腰筋を緩めると、大腰筋がまとっている腸の動きも良くなります。

もちろん、これだけではなく、腸自体の緊張、腸を背中側に止めている「腸間膜」の緊張によっても症状は引き起こされます。

多くのお客様が調整中にお腹が動き出し、音が鳴ったり、
調整前よりお腹が凹んだりと、嬉しい反応があります。

お薬やサプリメントで調子を整えるのではなく、
ご自信のお体のチカラで調子を整えていけるのが一番良いことです。

おへその周りが硬い。
お腹が張ってる感じがずっとある。
「これって楽になるのかな?」と思うことがあればご相談下さい。

少しずつ暖かくなり、薄着の季節が近づいています。
体の不調を少しでも軽くして、春を楽しんで欲しいと思っています。

どこもかしこも痛い。。体の痛み

何をするのにも痛みがある。
そんな状態が続くなんて、とってもシンドイことですよね。

20代後半の女性。
育児にお仕事、毎日お忙しくお過ごしのようです。

朝ベッドから出るとき、洋服を着替えるとき、、、

「イタタタタッ。。。。。」

言ってしまうほど、痛みがあるとのこと。

30代目前で、そんなに体がボロボロだと30になったらどうなっちゃうんだろう。。

って心配です。。

頭痛、首の痛み、肩こり、腕の痛み、背中の痛み、胃痛、体がだるい、疲労感、むくみ、冷え性。。。

…えぇえぇ。。
何とかしましょう。

初めていらしたこの方は、均整で何が出来るのか興味津々、、

簡単に説明すると
当院では、、、

・筋肉を揉み解したりしません。
・背中、肩こり、首こり、、etc…筋肉のこり、緊張は内臓の緊張と共に起こります。
・背骨のキワから神経に刺激を入れ、内臓を整えて筋肉の緊張を取り除きます。

そんなので、肩こりや背中の痛みが取れるの??
って不思議かもしれません、、

これは均整の技術で「類別克復法(観歪法)」という技術です。

自律神経を調整し、臓器の働きを緩やかにしたり、活発にさせたりという施術になります。

私がこの方にした施術は、「胃」の調整です。
働きすぎて、自分の消化液で胃壁を傷つけている「胃」を緩め、胃液の分泌を抑制しました。

それから骨盤、肩甲骨周りの筋肉、股関節を整えました。

終わって着替えをしていただいた後には、
「あれ??痛くない!!!」

と嬉しいお言葉。。

何ともすっきりしたお顔をされてお帰りになられました。

普段、ちょっと胃が重いとか、背中が張るなんて気にしないでお過ごしの方が多いと思います。
でも、月に一、二度のメンテナンスで体は確実に楽になります。

何だかだるくて疲れが取れない、、、
胃が重たい。。
背中が痛い。。

お力になれそうな事があれば、ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

骨盤の歪みが気になる。。。

初めてご来院頂いた、30代の女性。

「骨盤の歪みが気になる。」
といらっしゃいました。

骨盤の状態を見せていただいたところ、
骨盤の左側の骨(腸骨)が閉じすぎてしまっているようです。

また、股関節の外側の張りが気になりました。

骨盤を閉じるほうへと引っ張っている、骨盤の内側の筋肉を緩め、股関節を調整。

明らかに変わって来ましたが、まだもうちょっとなのです。。

「失礼ですが、生理痛はきつくないですが?」
とお伺いしたところ、何年か前までは薬を飲まないと、とても我慢できるほどではなかったとのこと、、

そのお話を聞いて、坐骨のキワ(椅子に座ったときに下に当たる部分の内側)を触らせて頂きました。
…相当、痛かったようです。。。

「今日、一番痛いです。。」
などと言われてしまいましたが、これはとっておかねば。。。と思い、心を鬼にして緩めました。。
((( ←~(o `▽´ )oΨ

すると。。。閉じ過ぎていた骨盤が開き、左右のバランスが取れました。

ご本人も、びっくりされていて、
「いつも足の裏をつけて開くと、左足が開きづらい(高い)んです!!
こんなに開いたのはびっくり!!」

わぁ。。嬉しいお言葉です。
その言葉をきくために頑張ってお仕事しているのです…

ここで、女性の皆様に気にして頂きたいのは、
骨盤が閉まっているのが◎
骨盤が開いていると×
ではないのです。。

骨盤は、いつもリズムをとりながら動いています。

大まかなリズムで言えば、月経が大きなリズムです。

生理の前に骨盤がゆっくりと開いて準備をする。
生理が終わるとゆっくりと閉じて、排卵の準備をする。

生理前、むくみがひどくなったり、食欲の増進、etc…

女性なら誰しもが、生理前はちょっと可愛くない、、、お尻がちょっと広がるし、、、
なぁんて思ってるはずです。。。

でも、自然のリズムに逆らって骨盤を閉めすぎたりすると。。
生理の際に上手に開けなくて、生理痛が重くなったり、腰痛が出たり。。

様々な不調の原因になります。。

骨盤の左右のバランスを整え、きちんと閉める時期に閉めてあげることで
美容にも繋がっていきます。

骨盤の左右のバランスを調べるテストは、
床の上に座り、両足の裏をつけます。
この時、体の中心線に、合わせた部分がくるようにします。
(ストレッチなどでやったことがあると思います。)

このまま、寝ます。(上半身を後ろに倒す。)

そして、どちらの膝が高い位置にあるか、両方均等に開いているか、確認してみて下さい。

均整で、皆様の美容と健康のお手伝いをしています。
ご相談もお気軽にどうぞ、、

胃の不調からくる背中の張り。。

1月末から2月にかけて多かった「胃の不調」。

胃炎と言われました、とか胃がキリキリして。。。
と言って駆け込んでくる方が多数でした。

「均整」では、内臓の不調にアプローチします。

胃炎、胃潰瘍、胃拡張に胃痙攣、etc…
さまざまな症状に対応出来ます。

もちろん、肝臓や膵臓、リウマチなんかにも効果があります。
肩こり、首こりの原因も内蔵に隠れていたりするんです。
背中の筋肉をほぐさなくても、内臓を緩めただけで背中の張り、肩こりは驚くほど良くなります。

この技術は「スポンデロテラピー(脊髄神経反射)」と言います。
均整ではこの技術を施術に使っています。

先日、施術させて頂いた40代の男性、、
「胃炎」と診断を受けての来院でした。

お背中を見せて頂きますと、胃の裏側あたりが張っており、そうとう辛そうでした。
仰向けで全身を緩めた後、うつ伏せで背中から刺激を入れて胃を緩めました。

やはり「胃炎」のときに反応が出ると言われるところに、きちんと反応が出ていました。
調整後は、胃の違和感が無くなり、背中の張りもキレイになっていました。

「楽になりました!!」と言って頂けたのがとても嬉しいです。。

均整で何ができるのか。。
ご存じない方が多数だと思います。

痔や逆子、子宮脱に不妊、内臓疾患に自律神経失調症など、
様々な症状に対応します。

病院には行くほどでもないが、何だかいつも調子が悪い。。。
などありましたら是非一度、施術をお試し下さい。
均整でお力になれることがあります。

ご不明な点がありましたら、どうぞお気軽に、お問い合わせ下さいませ。

妊婦さんと整体

「妊娠中は整体は受けられないんですか??」
と、よくお問い合わせを頂きます。

つわり、腰痛、逆子、お腹の張りに胸の張り。
「均整」では、どれも対応出来ます。

妊娠中のお母さんって、キラキラしていて、本当に美しいです。

そんな素敵な時期を、快適に過ごして頂きたいです。

お腹に赤ちゃんがいるのに、整体を受けるってすごく不安だと思います。
でも、痛くしたり、無理やりな施術はしません。

先日いらした妊婦さん、
妊娠して1月目なのに、お腹の張りが気になっているようでした。

ゆっくりお腹をゆるめ、つわりがひどくないように肋骨をゆるめて。。。
仕上げに流産防止の調整をして終わりました。

安定期に入るまでは、妊婦さんの調整の中に流産防止の調整を取り入れています。

お帰りの際には、お腹の張りが気になったときにご自宅で簡単に出来る「お腹の緩め方」をお伝えしています。
ちょっとお腹が張る、胃が重たい、気持ち悪い。。

「均整」で力になれることがあります。

妊活中の方の調整も承っております。
是非、ご相談下さい。

不眠と冷え。

秋に入ってから多かった「冷え」による不調。

夏はクーラーと、冷たい飲み物。お風呂にもゆっくり浸からない。
秋、急に寒くなってきて夏の感覚のまま、体を温めずに過ごしている。

…冷えはとっても怖いです。。
冷えによる内臓の不調に、ぎっくり腰、自律神経がまいってしまって不眠症に、、、

今年の夏は暑く、本当に辛い、長い、夏でした。
そのせいで体は冷え切り、体の奥の奥にまで「冷え」が入り込んでしまっています。

季節が変わって不調が出たら、一つ前の季節が上手に過ごせていなかったということ。

この方も、旦那様とお子様が暑がりなので、クーラーをガンガンにして、寒いなって思いながら寝ていたそうです。
夏場はシャワーばかりで、冷えの対策をとらずに過ごしていたようです。
去年も、秋に体調が悪くなり、治るのに半年もかかったそうです。

均整で、お体を調整し、冷えをぬいたのはもちろんですが、改善のために
毎日の生活で気をつけて頂きたいこと、沢山ありました。

3日後にいらしたときは
「眠れるようになりました!!!」

って嬉しいご報告!!

35度台まで下がっていた体温も平熱に戻り、お体を調整させて頂く私も嬉しい限りです。

体を冷やさないようにするって、とっても大切なこと。
もちろん、女性も、男性も。
これからもっともっと、冷え込みます。
靴下に、ルームシューズ、レッグウォーマー。。。

足首を冷やさないで下さいね!!!

産後の調整に。

最近、妊婦さんの産後の調整にお呼ばれすることよくあります。

産後は、本来であれば授乳することによって骨盤が閉まってきます。
しかし、そこに歪みがあると、骨盤が上手に閉まりません。

今回、調整させて頂いた妊婦さんは右の骨盤が上手に閉まらず、
左右のバランスがくずれていました。

この方の右の骨盤が閉まらない理由は、股関節にありました。
右の股関節の動きが悪く、股関節の周りに付いている筋肉が緊張していました。

出産により歪んだというより、妊娠前から持っていた歪みのせいで、
上手に骨盤が閉まらなかったのでしょう。

調整後、1週間後には「ウエストが細くなってきたみたい!!」
と、嬉しいお言葉を頂きました。

妊娠、出産と大きな体の変化に加え、子育てという環境の中で
夜中眠りが浅かったり、おっぱいが出にくい等、心と体に大きな負担がかかってきます。

あまり無理をなさらず、たまには誰かに助けてもらうのもいいと思います。

整体で出来ること、たくさんあります。

なるべく体の負担を少なくして、赤ちゃんとの素敵な時間を過ごして頂きたいです。

↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME

内転筋で腕があがる!

40代、男性。
デスクワークによって、肩こりに頭痛、腰痛でご来院頂きました。

もう一つ、気になる症状が「腕が上がりづらい…」ということ。
腕を上げてグルグル回すのが、回しづらいのです。

デスクワークに長い時間携っているため、背中も少し丸くなり肩が前に入ってしまって猫背に…

全身を見せて頂くと、太ももの内側の筋肉「内転筋」に緊張が見られました。。

横向きに寝て頂き、内転筋を押さえながら肩を回して頂くと
グルグルとスムースに回りました。

「え~?」
ってびっくりされていました。

全身の筋肉は繋がっており、ただ肩の筋肉の緊張、といった単純なことだけではありません。
肩だけでなく、どこから来ているのか、どこが原因となっているのか、、、

当院のお客様で、本当にたまにですが
「肩が凝っているから、肩を触ってくれればいい。」

と言っていらっしゃる方がおります。

その肩こり、肝臓からかしら、胆嚢かしら、、、
骨盤、股関節はどうかしら、、
などと考えながら体の調整していくのが「均整法」です。

マッサージに通っているけど、あまり改善が見られない。

そのときは気持ちいいのだけれど、、、

そんなお客様が、最近増えています。

西洋医学のように、対症療法ではなく、
東洋医学のように、原因療法で。。。

整体で何か出来ることがあるのかな?
って思われた方は、ご相談下さい。

ご来院下さるお客様が、より良い毎日を過ごせるように、
精一杯、お手伝いさせて頂きます。