Skip to content

肝臓と睡眠。。眠れていますか??

2度目のご来院のお客様。
背中を見せていただいたら、何だか気になることが出てきました。。

「眠れていますか??」

振り返ってビックリするお客様。。

「えっ!?わかるんですか!?
今日はそれを相談しようと思って来たんです!!!」

ふっふっふ、、、
背中に書いてありますもの~~

気になったところは「肝臓」。
ここがパンパンにはれています、、

はぁ。肝臓つかれてますね、、
肝臓が疲れる原因って、皆様大体はお酒を想像すると思います。

・・・しかし。。それだけではありません。
お酒、タバコ、食品添加物。
それから、不規則な生活に睡眠不足、ストレスも肝臓を傷める原因になります。

肝臓とストレスの話はまた次回にでも、、

そうです、この「不規則な生活、睡眠不足」が鍵になります。。
ストレスもかかっていたようで、、
「それから、ここのところ忙しくてストレスがかかること、気を使うことが多かったんです。」

やっぱり~~

それから、それから。
お体を触りながら気になったのは、「冷え」。
お腹と手足が冷たいのです。

聞くところによると、韓国旅行で辛いものを沢山食べてきたそうです、、

一見、唐辛子は体を温めるように思われがちですが、正反対です。
・・・冷やすのです。

予測がついたのは、もともと腎臓がお疲れ気味で冷えが溜まっていたところを、さらに旅行で冷やし、眠りが浅くなる。ストレスでさらに眠れなくなり、肝臓もパンパンに、、、

といったところでしょうか。。

腎臓、肝臓を調整。

アドバイスは、体を温めること。
お勧めしたのは、湯たんぽです。

寝る前にお腹の上に乗せて、冷えているお腹を温め、足元に入れて眠って下さいね。。
秋のうちに冷えを撃退して、冬のために備えましょうね。。

Comments are closed.