Skip to content

腎臓の疲れ、、冷たいお腹。

一年ぶりに施術をさせて頂いた、当院の最高齢のお客様。
90代の男性です。

何年かぶりにお風邪を召され
それ以降、昔痛かった左の腰からお尻、
太ももにかけて痛みが出てしまった。

ご家族のお話では、何をするにも
「あいたたたた、、、」
「あいたたたた。。。」
といって腰を押さえるそうです。

ゆっくり、ゆっくり歪みを確認しながら
お身体を整えてゆく、、、

あれれ??
って気になったのは、お腹の冷え。
このとき、3枚は重ね着をされていて、
上に毛布までかけていたのに「ヒヤッ」とした感じが手まで伝わってくる。。

びっくりするほど、お腹が冷たかったんです。。

それを、ゆっくりゆっくり、、冷えをぬいていって。
グルグルとお腹が動き出してきて、少し温まって来ました。。

丁度、冷えが強かったのは「腎臓」のあたり。

すべての施術が終わり、
ご家族に、お腹がとても冷えていたので温めて欲しいこと。
最近おしっこの色が濃くないですか?ってお聞きしました。

「そうなんです、最近すごく濃い色のおしっこが出ていて、、」
とのこと。
湯たんぽでお腹を温めてあげて、今は腎臓に負担がかかる甘いものは避け
お茶ではなく、白湯を飲んで頂くようにお勧めしました。

その後、何度か施術をさせて頂き
腰、太ももの痛みはすっかりとれたようです。
また、最近はお腹の冷えも解消されて調子がいいようです。

「もう歳だから。」
とあきらめず、自分の身体の力を引き出す方法があるかもしれません。

事実、この方は施術を受けて頂く前は背中がまあるくなっていますが
終わると前よりも真っ直ぐになり、歩き方も変わってきます。

一生、唯一無二の自分の身体と付き合っていくんですもの。
大切にしていきたいですね。

Comments are closed.