Skip to content

多嚢胞性卵巣症候群から出産へ②

前回、多嚢胞性卵巣症候群から妊娠までの施術の経緯を書きました。
⇒多嚢胞性卵巣症候群から妊娠へ①

前回アップしたブログの続きです。

多嚢胞性卵巣症候群でしたが、無事に自然妊娠しましたが
ただでさえ、ホルモンのバランスが悪かったので
安定期に入るまでは、私も彼女もドキドキでした。

赤ちゃんが、お腹にとどまれるよう、
つわりが酷くならないように、
無事に妊娠の期間を過ごせるように施術しました。

遠方からいらしていたこともあり
妊娠してからは 電車に酔ってしまうようだったので
3~4週に1回ほどのペースだったでしょうか。

25週目に入ってから、逆子に。
しばらく来れない時期があって、
骨盤の歪みが出やすかったので
少し心配だなぁと思っていた矢先のことでした。

そっかそっかと、
お身体をゆるゆると施術して
自然に治るようにと整え
ご自宅で逆子体操をしてくださいねとお伝えしました。

その後の検診で、治っておらず
もう一度施術して
無事逆子が戻りました。

あとはもう出産に向けて
つるつるポンっと出てくるように
お身体を整えていきます。

この方は出産の1ヶ月前まで、お身体を見せて頂いていました。
「つるつるポンッと出てくるから大丈夫」

と言ってあったのですが、
予定日よりも少し早く、
ご連絡があって、恥骨が痛いと。
まだ早いけど、もしかするともう出てきちゃうかも知れませんよと
言っていたのですが、
その3日後くらいだったでしょうか
陣痛だと思って病院に行ったのだけど、
病院ではまだだからと言って帰されて
一日自宅で耐えていたのだけど
破水して病院へ、、、

病院についてから3時間で出産、、、
とってもいい出産だったと、助産師さんに言っていただいたそうです。

もちろん、産後は産後でお身体に負担がかかりますが
妊娠から出産まで、私たち均整師に出来ることがあります。

同じ女性として、力になれることがあれば
ご相談いただければ、こんなに嬉しいことはありません。

Comments are closed.