骨盤の歪みが気になる。。。

初めてご来院頂いた、30代の女性。

「骨盤の歪みが気になる。」
といらっしゃいました。

骨盤の状態を見せていただいたところ、
骨盤の左側の骨(腸骨)が閉じすぎてしまっているようです。

また、股関節の外側の張りが気になりました。

骨盤を閉じるほうへと引っ張っている、骨盤の内側の筋肉を緩め、股関節を調整。

明らかに変わって来ましたが、まだもうちょっとなのです。。

「失礼ですが、生理痛はきつくないですが?」
とお伺いしたところ、何年か前までは薬を飲まないと、とても我慢できるほどではなかったとのこと、、

そのお話を聞いて、坐骨のキワ(椅子に座ったときに下に当たる部分の内側)を触らせて頂きました。
…相当、痛かったようです。。。

「今日、一番痛いです。。」
などと言われてしまいましたが、これはとっておかねば。。。と思い、心を鬼にして緩めました。。
((( ←~(o `▽´ )oΨ

すると。。。閉じ過ぎていた骨盤が開き、左右のバランスが取れました。

ご本人も、びっくりされていて、
「いつも足の裏をつけて開くと、左足が開きづらい(高い)んです!!
こんなに開いたのはびっくり!!」

わぁ。。嬉しいお言葉です。
その言葉をきくために頑張ってお仕事しているのです…

ここで、女性の皆様に気にして頂きたいのは、
骨盤が閉まっているのが◎
骨盤が開いていると×
ではないのです。。

骨盤は、いつもリズムをとりながら動いています。

大まかなリズムで言えば、月経が大きなリズムです。

生理の前に骨盤がゆっくりと開いて準備をする。
生理が終わるとゆっくりと閉じて、排卵の準備をする。

生理前、むくみがひどくなったり、食欲の増進、etc…

女性なら誰しもが、生理前はちょっと可愛くない、、、お尻がちょっと広がるし、、、
なぁんて思ってるはずです。。。

でも、自然のリズムに逆らって骨盤を閉めすぎたりすると。。
生理の際に上手に開けなくて、生理痛が重くなったり、腰痛が出たり。。

様々な不調の原因になります。。

骨盤の左右のバランスを整え、きちんと閉める時期に閉めてあげることで
美容にも繋がっていきます。

骨盤の左右のバランスを調べるテストは、
床の上に座り、両足の裏をつけます。
この時、体の中心線に、合わせた部分がくるようにします。
(ストレッチなどでやったことがあると思います。)

このまま、寝ます。(上半身を後ろに倒す。)

そして、どちらの膝が高い位置にあるか、両方均等に開いているか、確認してみて下さい。

均整で、皆様の美容と健康のお手伝いをしています。
ご相談もお気軽にどうぞ、、