歳のせい?それって本当ですか?

88歳の女性。
腰痛がここのところひどいのだけど、病院でレントゲンを撮ってもらったら
骨が潰れていて、歳のせいだから仕方ないですねって。
湿布をもらって帰ってきたんですって、、、

「これって、もう仕方ないんでしょう、、
歳で骨もつぶれちゃってるしね、、」

んー??
いや、それが痛みの原因とはわかりませんが、
そんなこと言われたら、そんなことないです!!って
歳のせいなんかにしたくないですっ!!
ってなるのが均整師。。。

座っても、起きても痛い。
一階で暮らしているので、気が付かなかったのだけど
最近、階段も登れなくなったと気が付いて、、、

それから、背中が曲がっていて仰向けが痛いんですって。
背骨が真っすぐに伸びないから、床にあたっちゃうの。

まずは、うつ伏せから、、
ゆるゆるとゆっくり緩めていきます。
88歳の女性ともなると、骨がもろくなっていると心配。

身体の負担にならないように、
ゆっくり、ゆっくり。

背中が伸びてきたので、
仰向けに、、
うん、、痛くないみたい。

足先、足首、、お腹も緩めて、、、
腰と密接に関係している首も調整。

終わって、立ち上げって頂くと。。。
「あれ?背中伸びたみたい??・・・痛くないよ。」

随分真っすぐ立てて、最初よりも足取りも軽く、、
ご自分で、壁で背中がつくかどうか確認、、(かわいい。。)

「こんなに真っすぐになったのいつぶりかねぇ。。。」
なんておっしゃって頂きました。

何年も持っている腰痛、一回で痛みがなくなるわけではありません。
座っていただいても痛みはなく、立つときもスッと立てて。。

後日、いつも行かないのに
一人で散歩に行っちゃったと聞きました(笑)

やっぱり、長く歩くと痛みは出るけれど
前よりはずいぶん楽だよと、、、

初めて受けて頂いた均整。
定期的にケアできると、生活がもっと楽になると思います。

歳のせいだからと諦めているご家族、、
試しに受けていただくのもいいかもしれません。
ご相談下さいね。

ウエスト、たるんでませんか??

ご紹介で来ていただいたお客様。
20代の女性です。

腰痛があって、、とのことで、デスクワークが長いそうです。
むくみもすごく出やすいとのこと。

さっそく、施術に入らせていただくと足首がパンパンです。
骨が埋もれていて、シャープな感じがありません、、、
あらら、、、確かにむくんでますわね、、

なんてむくみ具合を確認しながら、
小さなお顔と細い上半身に似合わない、腰回りにかなり歪んでるわねと
ひとつひとつ確認しながら、歪みを正していきます。

腰痛が楽になるようにと、骨盤の歪み、背骨、内臓もチェックし
施術が終わると、、、

あら不思議。。。

足首の骨が出てきて、ウエストもすっきり!!
「腰回り気になってて!!」
と私が言うと、えー?足首も出てますねー♪

とびっくりされてました。

お着替えが終わって、お部屋に戻ってきてくださったときには
「すごいです、、ウエスト細くなってました!!」
ですって!!

あら嬉しい。。

「ただ太ったのかと思ってたけど、希望が見えました~!」
とのお言葉。。

歪んだままの身体でいると、あちらこちらに良からぬものが溜まり、太りやすくなってしまいます。
綺麗でいるためにも、定期的に施術を受け、歪みを減らして行くことが大切ですよ!!

お尻の上が痛いんです、、、

ご紹介でご来院頂いたお客さま。
50代の女性です。

腰が痛いようです。
骨盤の上、お尻のエクボよりも上の部分。。
「この辺が痛くって、、、」と押さえて下さいました。

お客様が押さえたその場所は、
神経の支配でいうと腰椎1番と2番のところ。
ふんふん、、と確認して、施術スタートです。

骨盤や、内臓を調整するのはもちろんですが、
今回は腰椎1番と2番を調整すること。

まずは直接さわらずに、
均整で腰椎1番に使うツボ「帰来(きらい)」
腰椎2番に使う「箕門(きもん)」を使います。

また、帰来は胃経、箕門は脾経という経絡に属しているので
その流れもきちんと整えます。

痛みのある幹部だけではなく、その痛みがどこから来ているのか
お身体の状態をキチンと観察し、施術していきます。

お帰りの際には、
「あ、、痛くないです、、即効性があるんですね!」
っていうお言葉を頂きました。
よかったです、よかったです、、、

もちろん、すべての施術がそうではありません。
長年にわたって持っている歪み、痛み、、やはり時間がかかることが多いです。

それでも、お身体を預けて頂けるのはとても嬉しいです。
少しづつの変化でも、きちんと積み重ねて症状の改善に取り組みます。
こんなの治るのかな??
これってどうなの??
何かございましたら、ご相談下さいね。

対処と予防。。

2、3ヶ月に一度のペースで施術を受けに来て下さるお客様。
三十代の男性です。

お仕事柄、長時間飛行機に乗ったり
睡眠時間は短くてバラバラ。。。

大きく体調を崩したりもなく、何とか保てているのは、
学生時代にスポーツをやっていたからでしょうか。

身長も大きいですが、筋肉量がとても多いです。

そんな方でも、年に何度かぎっくり腰をやってしまうと聞いていました。

初めて当院に来ていただいてから、一年余り。

初診の際にカルテに書いてあった
「肩甲骨のコリ、痛み(数年前から)」

最近来ていただいた際に、
「あの頃あった、肩甲骨周りの痛み、最近なくなった事に気づきました。。」

ってご報告を頂ました。
また、
「ここに来るようになって、年に何度か起こしていたぎっくり腰、
一度もないんです。」
って!!

・・・嬉しいです。。。

このときに来ていただいたのは
来週から海外出張で飛行機に長時間乗ること。
それが終わったら、また別の海外出張があるから
全部終わってからでは身体がしんどいんではないか、、、

まてよ。。予防っていう手もあるんじゃないか!?

と、思い立って頂いたようです。

そうです。
とっても理想的です。

何かあってから、それを治療するよりも
ひどくなる前に歪みを取り、
痛みや症状が出ないようにする。

痛みや症状が出てから、ワタワタして対処する、、
ではなく。

定期的に身体の歪みを取り除き、
自己治癒力を高めていく。。

その結果、ゆっくりゆっくり身体は変化していきます。

よくお腹を壊していたお客様から、
定期的に施術を受けて頂くようになってから
「お腹を壊すことがなくなりました」

ひどい頭痛で悩んでいたお客様からは
「お薬を飲むことがなくなって、頭痛もほとんど出てこないんです、、」

など、ゆっくりですがお身体に変化が現れたことをお聞きします。

均整では根本的な治療を目的としています。

今ある痛み、症状を和らげるだけではなく、
より自分の身体の力を高めて、快適にお過ごしいただけるように
定期的な施術、症状が出る前の施術をお勧めしています。

お薬の毒と、腎臓の疲れ。。腰痛。

最近、、多いなぁと思う腰痛。。
それは、腎臓の疲れからくる腰痛。。

腎臓が疲れてしまう原因は様々。

薬の常用。
塩分、糖分の過剰摂取。
食品添加物。
お水の飲みすぎ。
冷え。。。

先日、初めてご来院頂いた、30代の女性も腎臓から来る腰痛でした。

お体をみせて頂いて、気になったのは「薬毒」。
読んで字のごとく。。お薬の毒。

「普段、何かお薬を飲まれてますか?」
「喘息持ちなので、発作を抑える薬を。。。」

。。やっぱり~~。

ちゃんと、お体に出てますもの~~!!

長年にわたって飲み続けているお薬。。

体にとって、必要なものだと思います。
しかし、それによって内臓に負担をかけているんです、、、

気がついていますか??

口から入れて、ゴックンと、喉もと過ぎれば熱さわすれる。。。
意識ではそうですが、、体はちゃんと働いてくれているのです、、、

長期のお薬の服用によって、腎臓が疲れていたんです。
お薬を飲まなければ、発作が起きてしまいます。

では、どうしたらいのか。。

普段の生活で、腎臓に負担をかけないようにしていただきたいのです。

体を冷やさない。
食品添加物を減らす。
糖分、塩分を控える。。

腎臓によい食べ物を積極的にとる。

腎臓によい食べ物は、漢方では「黒いもの」とされています。

ひじき
わかめ
のり
黒ゴマ
黒豆
きくらげ
古代米
玄米。。。など。

出来ることから、始めて頂きたいのです。

2度目のご来院の際には、とってもビックリされていました。
腰の痛みは一度でほとんど取れたようで、前回とはまた違った軽い痛みとして出ていました。

「均整って全然違うんですね!!」

もう。。。本当に嬉しいです。。
最高のほめ言葉です、、、
この方の場合は、2日後から体がスッキリしはじめたようです。

この効果の出る時間も、お客様によって変ってきます。
当日が一番いいという方、一度寝て翌日がスッキリするという方。。

お体が整って来るまで、2、3週間に1度の調整をお勧め致しました。
内臓を元気にして、腰の痛みやダルさから解放されるよう、お手伝いさせて頂きます!!

腰が重い…

ゴルフと麻雀が趣味の、元気な70代の男性。

「いつも腰が痛いというより、重くってしんどいんです。」

「あいたたたっ」てなるわけではないですが、何となくいつも重いそうです。

お背中を見せて頂きますと、首から背中、腰を通って足首まで、、、ガチガチです。
もともと、体が堅くて柔軟性がなく、力を入れてしまうクセがあるようです。

全身バリバリでしたが、特に腰が堅くってガチガチ。。。

どの筋肉かなぁと丹念にみていくと「広背筋」の付着部に痛みが出ていました。

「広背筋」というと、名前は聞いたこともあって、筋トレなんかでもやるとは思います。
でも、どこに付いているかご存知ですか~?

もちろん、背中についているんですが、一部が「上腕骨」、腕についてるんです。

この方は、その広背筋の付着部「上腕骨」の部分を触ったときに痛みがありました。
上腕骨の痛みを取ってみると、あら不思議…。。。

腰の緊張が緩んで、ガチガチだった腰に指が入るようになりました!!

腰痛の原因にもなる「広背筋」の緊張。
お体をあずけて下さっているお客様の「不調の原因」が見つかると、とっても嬉しいです。

男性のお客様には、運動をしないと!!って頑張っているお客様がいっぱい。
この方も、やっぱりそうでした。

でも、筋肉に柔軟性がなくなると、疲労が取れなくなったり、体を痛める原因になります。

適度な運動と、適度の「ストレッチ」をおススメしています。
最近、体が堅くなったなぁって思いませんか??

筋トレに、有酸素運動もいいですが、少しの「ストレッチ」取り入れて下さいね。

↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME