膝の痛み、半月板の断裂。

去年の秋から、足を外側に開いて深くしゃがんだ時に膝が痛い。
四十代の女性、バレエのレッスンに通っていて
夏に発表会があって無理をしてからとのこと。

病院で、内側半月板後節の断裂と診断。
月に一回のリハビリを受けている。

痛みは緩和されてきたものの、まだ痛い。

あ~、、なるほど、、かなり捻じれていますね、、
これで踊るのは、お身体に負担がかかっています。。

一個一個、膝の痛みにつながる歪みを整えて、検査していきます。
均整では、病名はあまり関係がありません。
どうすると痛いのか、どうすると痛くないのか、、
どこに負担がかかって痛いのか、、
丁寧に確認、調整を繰り返します。

一度目の施術が終わったときには、
最初はそこまでしゃがめなかったというところまで
軽い痛みはあるものの、しゃがめました。

二度目の施術では、
同じように、一つ一つ歪みを解いていって
施術が終わって確認して頂くと。

お客様が笑い出しました。

そうなんです。
不思議なんでしょうね(笑)
痛みが取れたり、重心が変わると何でかわからないけど
笑えるんですよ。

「痛み、ないです!」
「え~~!いつぶりだろう~!!」
って嬉しいお言葉。

これから、バレエを続けていくにあたり、
お身体の歪みをとって、なるべく負担のかからないようにして
続けて頂くことをお伝えしました。

定期的なケアで、キレイに、負担がかからずに踊れるように、、
大好きなバレエが続けられるよう
全力でサポートいたします。

 

膝が伸びない、、、どこから??

膝の痛みといっても、前側、上側、外側、内側、裏側、、、
人によって場所や痛み方も様々です。

施術をはじめるために、仰向けに寝てもらうと
膝が曲がって膝の後ろに隙間が空いてしまう、、

痛みが出てる方に多いのです。

曲がって伸びないものは、静脈系を。
伸びて曲がらないものは、動脈系を。

大腿部の緊張により膝が伸びないときには、
同側の眼球を緩めます。

また。

漢方では、
伸バシテ屈セザルハ 肝ナリ
屈シテノバザルハ 腎ナリとあります。

その方の症状にあった施術を選びながら、様々な方向からアプローチしていきます。

最初に寝ていただいたときよりも、膝は伸びているか、、
立ち上がったときの違和感、痛みは取れているか。。減っているか。。

ゆっくり、ゆっくり、身体を確認しながら施術を進め、
お客様が来たときよりも、楽に歩いているのを見たときには、、、

。。もう嬉しくって、嬉しくって、、

もっともっと。
頑張ろうって思える、嬉しい瞬間です。。

膝の痛み

60歳、女性。
膝の痛みが気になって来院なさいました。

問診後にソファーから立ち上がるときに「イタタタ・・・」と膝をかばっていらっしゃいました。

均整では「膝」が痛いといっても別の場所からきているのでは・・・と考えます。
膝の場合は「腰仙関節」に故障があると、坐骨神経痛や膝の痛みを引き起こすとされています。

「腰仙関節」は、背骨(第五腰椎)と骨盤(仙骨)の間です。

bone_pelvis_pos

この方の腰仙関節も固いコリのようなものがあり、指がまったく入りませんでした。

ゆっくりゆっくり弛め、全身を整えて調整を終わりました。

調整後、ソファーから立ち上がる際も「イタタタタ・・・」と声を上げることもなく、
「体が軽くなったわ♪」といって嬉しそうに帰っていかれました。

↓↓↓↓↓↓↓
東中野、中野坂上の整体『米木身体均整院』HOME