脊椎側湾症からくる、体の様々な痛み。

脊椎側湾症でご来院頂いているお客様。
3度目の施術が終わって、お体の変化を確認しました。

初めていらした際に出ていた症状、
頭痛、首の痛み、肩こり、背中の痛み、股関節周りの痛み、足首の痛み、便秘、胃痛、体がだるい、、、

最近お体で気になるところは、股関節周りの痛みが、施術が終わって2週間過ぎると出てくるそうです。
他の痛みや、違和感はほとんど気にならなくなり、
少し気になっていた不眠や、食欲不振も無くなったようです。

・・・何よりです。

初めて施術を受けた翌日は、びっくりするくらい体がだるくなり、
眠くて眠くてしょうがなくて、ゴロゴロしていたそうです。

2度、3度と施術を受けるたびに翌日に出る症状は軽くなったそうです。

これは、好転反応と言って、施術を受けて体が回復へと向かって動き出しているんです。
まったく出ない方や、一日寝てスッキリする、熱っぽくなる、、など。

その人や、その時々によって違うもの。

施術を受けて頂いた後は、体があつくなったりしても
薬を飲んだり、冷やしたりせず、経過を見るのが大切です。

ゆっくり、ゆっくり、時間をかけて体と向き合って頂きたいです。

胃と背中。

「マッサージに行って、胃の不調で背中や肩が張ることを知りました。」

と、初めてご来院頂いた30代男性のお客様。

お背中をみせて頂くと、まぁ見事にパンパンです。。
・・・これはしんどいですね、、、

少し内臓の疲れが強いかなといった印象。
やっぱり一番気になるのは胃でした。

骨盤、股関節、足の長さを揃え。
疲れが出ている、腕、手首を調整。

足の指、2指、3指の間の間接が詰まって硬くなっていました。
ここは、東洋医学では「胃」に深く関係するところ。

背中から、内臓を弛めます。。

背骨の硬くなっている部分をユルユルとゆるめ、、
胃を緩めていくと、背中のラインが変わってきました。

仰向けに戻っていただくと、背中が床にピタッと付いている様子。。

調整後、立ち上がって頂く。。

「すごい楽です!!!」
とのお言葉、、、

・・・嬉しいです。

胃の疲れ。。
勿論、施術だけで何とか出来るものではないと思っています。

胃を疲れさせないように、少しづつ気をつけて、生活していって欲しいです。

・体を冷やさない
→湯船に入る。冷たい飲み物を控える。
・胃を休める
→食べ過ぎない。お腹が減ってないのに食べない。

→刺激物(辛いものなど)を控える。

背中や肩が張って疲れがたまるとき。。内臓が悲鳴を上げているかもしれません。。

「喉もと過ぎれば、熱さ忘れる。」

しかし、、内臓はそこからお仕事が始まります。
意識せずに食べたり、飲んだり、、、

内臓は文句も言わずに働いてくれています、、
少し気遣い、、休めてあげましょう。。

背中、真ん中の痛み。

「背中が、痛いんです。。」
腰ではなく、背中です。

「背中の真ん中らへんが痛いんです。」
詳しくお伺いすると、痛いのは背骨のキワ、もしくは真ん中。。

あらあら。。と思っていたところ、先週からそんな方がチラホラ。。
痛みだったり、違和感だったり、、

どの方にも共通していたのが、胸椎11番という骨の痛みということ。

この胸椎11番、どんな椎骨かというと、、
均整においては「回旋」に大きくたずさわる骨です。

「回旋」とは、読んで字のごとく捻るような動作において大きく関わってきます。

また、生理的湾曲(背骨のなだらかなカーブ)を保つ上で主軸となってきます。

内臓的な視点から見ても、胸椎11番はとっても大切です。
胃、肝臓、腎臓、、etc、、様々な施術で11番を使います。

秋が深まって来たこのごろ、夏の内臓の疲れを引きずっている方が沢山いらっしゃいます。
えぇ。この夏は、本当に暑かったですもの。。

痛みの出ている胸椎11番をゆっくりと緩めて整え、、
普段は「バキっとしません!!」が売りの当院ですが、必要と思うと使います。。。

これでキレイに痛みがとれて、、普段の生活に支障がなくなると、とっても嬉しいです!!

ベッドから立ち上がって頂くときの緊張感。。。どきどき。。。
「あ!!違和感も痛みもないです!!」

・・・よかった~~~!!!

うんうん、、

すっきりとした背中、伸びた腰、、お見送りが嬉しいです。

「何か痛くて気になる、、」
・・・痛みって本当にわずらわしいものです。

少しでも快適にお過ごしいただけるよう、精一杯お手伝いさせて頂きます!!!

背中痛み。体を捻ると肋骨が痛い。

私たち均整師は
「ゴルフは左に捻る動作が多くなるので、反対側でもやって下さい。。。」
などと言いますが、そんなに簡単ではないですよね。。

あのゴルフの石川 遼くんは、左右どちらともスウィング出来るんだそうです。。

体に歪みを作りやすい一方方向のみの動き、、

今回のお客様は。。

毎週欠かさずゴルフに行き、打ちっぱなしにも行く。。
そんなアクティブな40代のお客さまです。

5、6年前に波乗り中にサーフボードが飛んできて、肋骨を骨折。。

それ以来、ゴルフに行き過ぎたり、練習のやり過ぎで痛みが出るそうです。

先週は眠れないほど痛かったんだよ、とお客様。。

お背中を見せて頂くと、痛みが出ていたのは胸椎9番と10番の間。
肋骨が異常に狭く、硬くなっていました。

これでは痛みも出るはずです。。

ゴルフで体を捻るという動きは、右側の肋骨を狭く、縮める動きです。
これによって、骨折した右側の肋骨が圧迫されます。

ただでさえ、骨折して動きが悪くなっている骨です。
そこに過度の一方的な動きを加えると。。。。

…痛みが出ます。。

私が施術したのは、この狭くなってしまった肋骨の間を開き、神経を抑制しました。

施術後は、体を捻ってもらって検査。
最初の痛みは随分ひいて、違和感は残るものの、痛くなくなった様子。

「もう練習いけるかな?」
…2,3日は我慢して、お大事になさって下さい。。

最後にお願いしたのは、肋骨のストレッチです。
手を上に上げて、そのまま体を横に倒す、、、

肋骨の間が開き、その奥にある背骨の関節もゆっくりと開きます。

硬くなって痛みの出やすい場所に動きをつけ、これからもゴルフに行けるように、、、
お帰りの際は嬉しそう。
これからも、ご無理せず楽しんで続けて下さいね。

脊椎側湾症と胃炎。

当院にいらして頂いている「脊柱側湾症」のお客様。
何名かいらっしゃいますが、共通している点があります。

それは「胃」。

もたれやすい、痛みが出る、不快感があるなど、胃に症状が出ています。

脊椎側弯症(せきついそくわんしょう)は、脊椎(背骨)が側方に弯曲する病気です。

女性に多い病気で、肩やウェストの高さが左右で違うなどの外見上の問題のほかに、
臓器や神経の圧迫などがおこります。

先日、ご来院頂いたお客様も、左右の肩の高さの違い、骨盤の捻れなど
ひと目見ただけでも、歪んでるな。。と思えるほどでした。

お背中を見せていただいて、一番気になったのは「胃」です。

「胃もたれや、胃炎はありませんか?」
という質問に、「胃が弱いみたいで、痛みが出ます。。」とのこと。。

施術は「胃炎、胃潰瘍」の調整をいれました。

捻れが強く、膝に痛みが出ていたので、膝の調整、肩、股関節、骨盤。。
最後に頭骨を調整して終わりました。

立ち上がって頂くと・・・・・

「わぁ!!まっすぐ!!」と嬉しいお言葉!!

肩の高さに、骨盤の位置もぴったりあっていました。
もちろん、背骨がまっすぐになったわけではありません。

しかし、体の歪みをとり整えると変わってきます。

「こんなにまっすぐになると思いませんでした!!」
とご本人もびっくりしていらっしゃいました。

よかった、よかった。。

少し気になったのは「冷え」。

「胃」は冷えを溜めやすいのです。
もちろん、他の臓器にも冷えはいい影響は及ぼしません。

なるべく体を冷やさないこと。
そこに気をつけて、生活して頂くと歪みや不快な症状も出づらくなります。

これからの季節は、エアコンに冷たい飲み物に、アイス。。。
なるべく冷えを体の中に入れないように生活していくことが大切です。

胃の不調からくる背中の張り。。

1月末から2月にかけて多かった「胃の不調」。

胃炎と言われました、とか胃がキリキリして。。。
と言って駆け込んでくる方が多数でした。

「均整」では、内臓の不調にアプローチします。

胃炎、胃潰瘍、胃拡張に胃痙攣、etc…
さまざまな症状に対応出来ます。

もちろん、肝臓や膵臓、リウマチなんかにも効果があります。
肩こり、首こりの原因も内蔵に隠れていたりするんです。
背中の筋肉をほぐさなくても、内臓を緩めただけで背中の張り、肩こりは驚くほど良くなります。

この技術は「スポンデロテラピー(脊髄神経反射)」と言います。
均整ではこの技術を施術に使っています。

先日、施術させて頂いた40代の男性、、
「胃炎」と診断を受けての来院でした。

お背中を見せて頂きますと、胃の裏側あたりが張っており、そうとう辛そうでした。
仰向けで全身を緩めた後、うつ伏せで背中から刺激を入れて胃を緩めました。

やはり「胃炎」のときに反応が出ると言われるところに、きちんと反応が出ていました。
調整後は、胃の違和感が無くなり、背中の張りもキレイになっていました。

「楽になりました!!」と言って頂けたのがとても嬉しいです。。

均整で何ができるのか。。
ご存じない方が多数だと思います。

痔や逆子、子宮脱に不妊、内臓疾患に自律神経失調症など、
様々な症状に対応します。

病院には行くほどでもないが、何だかいつも調子が悪い。。。
などありましたら是非一度、施術をお試し下さい。
均整でお力になれることがあります。

ご不明な点がありましたら、どうぞお気軽に、お問い合わせ下さいませ。